引き出物の始まりは結婚披露宴で出された料理の一部を折詰などにして配ることから始まりました。結婚式などのお祝い事などは、タブーとされることも多いために間違った品を選ばないためにも知識を身につけましょう。

間違った引き出物選びは要注意

結婚式などのお祝い事などは特にタブーとされることも多く、気をつけなくてはならない事がたくさんあります。

また、難しいのは地域によってもタブーとされていることや、決まり事などが違っているために更にややこしくしているのではないかと思います。

こういった風習は引き出物だけではなく、結婚式全般においてもあります。

式を挙げる地域に合わせるのか。
新郎の地域に合わせるのかなど、あらかじめ新郎新婦とで話し合って決めていくことをおすすめします。

特に記念品、引き出物などは、タブーを犯してしまうと、それぞれの家庭に品が残ってしまいますので後々になっても言われてしまう可能性がありますので注意したいものです。

特別感を演出したい引き出物

便利で用途が幅広くても、ありきたりで手に入りやすい物は、場合により引き出物には向かない事もあるかと思います。引き出物を選ぶのであれば、やはり特別感があると、もらった時の喜びはきっと大きいと思います。

引き出物用のアイテムとして販売されている物であれば、特別感がある商品がピックアップされている事が多く、その中から価格などを考慮し、自由に選んで贈るだけですので、とても便利ではないかと思います。引き出物として選ぶ物自体はもちろんですが、ラッピングにも特別感が出る様に工夫したいですね。同じ引き出物であっても、ラッピングや紙袋によっては、より一層期待感が膨らむ事もあるかと思います。

結婚式の引き出物を選ぶポイント

結婚式と披露宴を行うにあたって、招待客にお渡しする引き出物選びも大切です。引き出物は、披露宴会場が取り扱っているショップの商品から選ぶと、持ち込み料がかからないことがほとんどです。ショップの商品以外から選ぶのであれば、一点につき持ち込み料が発生することが多いです。

引き出物を選ぶポイントとしては、自分がもらって嬉しいと思う商品にすることです。招待客の年齢などによって、若い方はカタログギフト、年配の方は使い勝手の良い食器など、柔軟に分けることも必要です。品物とは別に、引菓子と呼ばれるお菓子を入れるのも大切です。

おすすめの結婚式引き出物

引き出物。結婚式のカタログギフト通販アールウエディングはここ。その他結婚式で必要なサービスを提供しております。

早期に予約をしたい結婚式場

もし、ウェディングのために結婚式場の予約をしないといけないのであれば、早期に済ませてしまう事もおすすめします。結婚式場が決定すると、それ以外の所にも時間をかけてこだわる事が可能です。

結婚式場の予約をするのが遅い場合には、急いで決定しないといけない事もあるかと思われます。仕事で忙しい場合には、結婚式場選びや挙式の準備に費やす事ができる時間が限られてしまうという事が予想されます。

ですので、その場合には半年前などから予約を入れておくといいでしょう。また、結婚式場が決定すると、時間をかけてエステに通ったり、もしくは挙式で使用するアイテムを手作りにするという事も可能かと思われます。

ドレスと結婚式場にも相性がある

結婚式といえばドレスと言っても過言ではないほど重要なアイテムの一つですが、意外な盲点があるんです。 花嫁に似合うドレスを選ぶのが基本ですが、結婚式場の内装や雰囲気と合うかどうかまで考えて決める人は意外と少ないかもしれません。 それもそのはずで、試着室の中で結婚式場で当日を迎えている自分とゲストを想像するのは難しいものです。

壁紙やカーペットなどの面積が大きい場所の画像を撮っておいて、自分だけのこだわりと実際の見栄えを確認してから相応しい色味やデザインを選ぶのがポイントです。 全体とのバランスを取ることで、新郎新婦がより引き立ち、遠い席に座るゲストにも良い印象を与えることになるでしょう。

対応が良い結婚式場は京都のウエディングSHOZAN WEDDING。京料理が最高です。

今、京都で結婚式を挙げることが人気です。TVでも京都ウエディングと称して取り上げています。京都の結婚式場はここ。

ページトップへ戻る